消費者金融を利用しました。カードローンのおかげでチャンスを掴めた

私は15年来のコレクターです。
その御蔭でいつも金欠なのですが、好きなモノなので全然苦ではありません。
そんな私ですが、消費者金融に救われたことがあるんです。
その日、私は普段日課にしているネットオークション巡りをしておりました。
そこで信じられないものを発見したのです、それは私がずっと追い求めていたアイテムでした。

お財布に余裕がある時ならば速攻で買ってしまうのですが、その時は給料日の3日前でお財布はスッカラカン。
貯金もないためとても手は出せません。でもどうしても欲しかったのです。

ですがお金を捻出するアテもなく、これは駄目か・・・と諦めかけていたその時、消費者金融を利用することを思いつきました。
消費者金融ならば審査が早そうで、当日中の入札に間に合うと思ったのです。
苦渋の選択ではありますが、チャンスを逃すよりは遥かにマシです。
そこで私は急いでネットの口コミサイトを見て、最も評判の良い消費者金融を探し出しました。
当たりをつけて早速審査を受けに行ってみるとこれがビンゴ。
審査に楽々通過でき、希望額(その時は10万)を借りることができました。
スピード審査でしたが、説明などは丁寧で悪徳業者のようにごまかしや騙しは一切なく、返済プランを事細かに説明してくれたので、安心して借りることができたのが有り難かったです。

お金をどうにかこうにか用意出来た私は意気揚々とオークションに臨み、入札合戦の末どうにか用意した金額内で落札することが叶いました。本当に嬉しかったです。
消費者金融のおかげでチャンスを掴むことができ、本当に感謝しています。
とはいえこれは最後の手段。非常の手段ですから、今後はもっと計画的にお金をやり繰りして、無理のない範囲内でコレクションを楽しもうと考えております。

昔と違って最近では電話での申し込みの他にパソコンやスマホなどwebからでも簡単に申し込みが出来るようになっています。
消費者金融テレビのコマーシャルでもよく見かけるので、以前にも増して普段の生活の身近に感じられる存在になりました。

最初はどうしても消費者金融と聞くと闇金とかのイメージが強く申し込み自体が恐いと感じてしまいがちですね。
でも今はコマーシャルでは有名女優や俳優等を起用してわかりやすく、かつ面白いコマーシャルによって消費者金融=恐いというイメージを払拭してくれてい気がします。

自分も最初申し込むときはドキドキしましたが、電話での対応してくれたオペレーターも優しく説明してくれて声だけでも安心感がありました。
そんな雰囲気があり想像していた世界に心地よいショックを与えてくれました。

借金と聞くとどうしても悪い事にしか聞こえませんが、長い人生の中で借金は身近にあるものなのです。
学校の奨学金や車の購入も住宅の購入もローンを通すのだからある借金なのです。

生活を便利にするものと思って賢く利用するなら、消費者金融の利用も自分の人生を便利にする為の方法と思って利用するのは人生経験の足しになると思います。